トップ > 政策と活動 > 特集 > 平和 > 有事法制反対表明を 福岡市長に申入れ

政策と活動|特集

しんぶん赤旗 2002年5月4日

有事法制反対表明を 福岡市長に申入れ

有事法制について、日本共産党福岡市議団(宮本秀国団長)は二日、山崎広太郎市長に対し同三法案に反対するよう申し入れました。

内容は、市長が市民の安全と生活、平和を守る立場から、

1. 有事法制三法案に反対する意思表示をおこなうこと

2. 政府と国会に対して同法案の撤回・廃案をはたらきかけること

—の2点。

また、市議会各会派にも同様の申し入れをしました。各会派とも申し入れを受けとり、検討するとのべました。

福岡市は、福岡空港や博多港が朝鮮戦争の際に米軍の拠点基地となった歴史があります。今なお米軍基地が残され、米軍艦船の博多港入港や調査活動をされており、市民の安全と生活を脅かす有事立法は重大です。


関連記事有事法制三法案に関する申し入れ

>>> 特集「平和」一覧へ
>>> 特集ページトップへ戻る

PageTop